Tokyo Chonmage Sushi blog - 東京ちょんまげ寿司ブログ -

東京在住エンジニアがあれこれ書く雑多ブログ。This is a blog written by an office worker in Tokyo.

iPhone 11 Proは買いなのか?近年で最高の端末だと思う理由。

calendar 投稿日:

iPhone 11 Proが発表された。2019/9/20には発売されるとあって買うかどうか迷っている人も多いのではなかろうか。

 

性能を見比べてもiPhoneの場合は、単純なハードウェアリソースだけでは語れないところがあるので難しいところだ。

 

値段も決して安くはないため迷っている人が多いと思う。この製品は本当に「買い」なのかどうかということだろう。

 

スポンサーリンク

iPhone 11 Proは間違い無く「買い」

iPhone 5以降、端末サイズがでかくなる一方でなんら魅力を感じなくなってから一体何年経つだろうか。

 

皆が一様にiPhoneを所有していることに加え、その他のメーカーによりiPhoneを模倣したスマホが多くなり何ら新鮮さもなく、所有する魅了は皆無に等しい。

 

その傾向は近年発売されたiPhone Xシリーズまで全く変わらず、私の物欲は全く刺激されなかった。

 

ところが、つい先日発表されたiPhone 11 Proに私の鋭敏な物欲センサーが反応した。。。なんて素晴らしい端末なのだ!?これなら買ってもよさそうだ!と感じた。

 

今回発売されたiPhone 11 Proは間違いなく「買い」な端末なのだ。

iPhone 11 Proが買いだと思う理由

「買い」だと思う理由は主に以下の4つだ。

 

  • 超絶かっこいいトリプルカメラ
  • 高級感のあるマット仕上げ
  • ハイスペック
  • みんな買わなそう

 

超絶かっこいいトリプルカメラ

巷(ちまた)では、「タピオカカメラ」だの「ボトムズのスコープドッグ」だの言われているトリプルカメラ。

 

ダサいという人もいるが、見れば見るほどこのカメラが最高にかっこいいデザインだとは思わないだろうか。

 

 

高級感がありながら、それでいて無骨でメカメカしさが垣間見えてくる。洗練された中にちょっとだけ未熟なところがある。

 

これは間違い無く個性である。今までのiPhoneに足りなかったのは個性だったのだ!

 

こういうトンガリ具合を私は待っていた!!

 

今でこそ丸く収まってしまっているがつい数年前まではAppleは他のスマホでは考えられなかった斬新なデザインをiPhoneに搭載してきた歴史がある。。。

 

そんな斬新なデザインが今回トリプルカメラとして蘇った。アップルはついにマンネリ地獄から脱出する糸口を見つけたのかもしれない。

 

高級感のあるマット仕上げ

11 Proは11(無印)と違ってマット仕上げが施されている。高級感が今まで以上に半端ないのだ。

 

毎日使用するモノだからこそ、持っていてわくわくするようなモノであってほしい。

 

iPhone 11 Proは間違いなく所有して毎日わくわくできる出来栄えの商品だ。

 

 

一切の妥協が無い洗練されたボディーは、高級ブランドのオーラを放ち、所有欲をくすぐられる。

 

高級感があるエレガントなボディーと無骨で渋いトリプルカメラが合わさったら正に鬼に金棒である。

 

絶対にスマホケースに入れないで使用したい一品だ。(中島先生も思わず「いい仕事してますね」と言ってしまうのではないだろうか?)

ハイスペック

もちろん、スペックにも余年がない。

 

iPhoneはハードウェアとソフトウェア両方をAppleが手掛けているため、Androidのような粗さはなく、操作性は一級品ということは誰もが知っている。

 

iPhone 11 Proはハードウェア面で見るとCPUスペックは各社のフラッグシップモデルをはるかに凌ぐ性能だ。

 

 

ゲームはもちろん、簡単な画像加工や動画撮影・編集を同じ端末上で完結できる。まさにProなのだ!

 

調べ物が出てくればサクサクと調べられるし、動画閲覧でも高解像度ディスプレイでストレス無く操作が可能だ。

みんな買わなそう

前述した通り尖った端末故、賛否両論だ。

 

今まで以上には人気が出ず、買う人は少ないと私は踏んでいる。というよりは買う人を選ぶ端末だ。

 

ということは、皆と差別化できるので所有する意味があるというわけだ。

 

天の邪鬼(あまのじゃっく)的な考え方だが、高い買い物をするのだから皆が持っていないものを買うべきだと私は考えている。

 

フェラーリでもランボルギーニでも皆が持っていないから高い金を出して買う。

 

軽自動車のようにそこら中の人が乗っていたら魅力を感じることは無い。それと一緒だ。

 

やはり高級な端末ほど買う人を選ぶような製品であるべきだろう。

iPhone 11 Proとその他ハイエンドスマホ

今回のiPhoneはトリプルカメラとなったことでダサいと言われてしまっている(私はそうは思わないのだが)。

 

他のメーカーのハイエンドモデルと見比べてみるとiPhoneのトリプルカメラのデザインが如何に優れているかが一目瞭然だ。

 

Sony Xperia 1

まずは日本が誇る大企業、Sonyの端末を見てみよう。一時期はAppleと双璧をなしていた企業だ。

 

カメラを見てみると縦に3つ並んだレンズ配置。。。

 

 

何でも並べれば良いというわけではないのだが、微妙なデザインだ。かっこよさで言うならばiPhone 11 Proトリプルカメラが圧倒的だ。

 

ボディの高級感もiPhoneの作り込まれた仕上がり具合には遠く及んでいない。

 

Sonyはデジタルカメラはいいモノを作っているのにスマホがいまいちなのはなぜなのだろうか。

 

 

Garaxy S10

個人的にAndroidスマホで最高だと思っている端末の一つがこのGyaraxyシリーズだ。

 

いち早くベゼルレスの有機ELディスプレイを採用したインフィニティディスプレイは最高のデザイン性を有しており、今やAppleに次ぐリーディングカンパニーとなっている。

 

そんなGyaraxyのトリプルカメラを見てみよう。今度は横並びのレンズ配置となっている。

 

 

どうもいまいちなデザイン感は否めない。毎回私はこの端末を見ると警察が使う盾に見えてしまう。

 

カメラ配置、性能、高級感、どれをとっても微妙にiPhoneにはかなわない端末だといえよう。

 

微妙な感じで書いたが、Gyaraxy S10に関しても私の所有欲を満たすトンガリ具合がある魅力的な端末だ。特に特徴的なインフィニティディスプレイは最高である。

 

ちなみに私はGyaraxy S8+をかれこれ3年愛用している。

 

 

HUAWEI P30

今度はHUWAWEI(ファーウェイ)の最新モデルとの比較だ。

 

トリプルカメラ搭載でありながら、デザイン性を損なわないデザインなのはさすがといったところだろう。

 

 

ハイエンド端末ながら、値段も割と安くiPhone 11 Proの半額ほどで購入できるのが特徴だ。

 

コスパは最強と言っても良い端末だがやはりiPhoneにはかなわない(そもそも勝とうとはしていないが)。

 

60点のスマホといった所だろう。作り込みが甘いのが否めないが良い端末だということは間違いない。

 

iPhone 11 Proはダサいという意見にも一理ある

今回の端末は世界のトレンドを意識したトリプルカメラを搭載した意欲モデルだ。

 

とは言っても今までシンプルかつエレガントなイメージがあったアップル製品が無骨なトリプルカメラを搭載してしまい残念だと思う気持ちも一理ある。

 

私自身、今回の端末は今までのApple製品とは同列には考えられず一瞬微妙かと考えた。

 

見方を変えてみると凄く愛嬌のある端末に思えてくる。

 

Apple製品はスマートさ故に一歩間違えば微妙なデザインとなる。

 

そんな中高いデザイン性を保っているのは凄いことだ。トリプルカメラもむしろ各社がデザインで苦戦している中みごとカッコよく仕上げてくれた。

 

私的にはトリプルカメラの一つの答えだと考える。

 

今後各社このiPhoneのトリプルカメラのデザインを真似てくることだろう。

iPhone 11 Proを手に入れたらやりたい事

私はブログをやっているが写真はもっぱらスマホなので、iPhone 11 Proのカメラ性能はかなり魅力的だ。

 

様々名所で気軽にハイクォリティな写真が取る用途に使用したい。

 

写真だけでなく動画撮影と編集にも利用しても捗りそうだ。Youtubeへの動画投稿にもこの端末なら何ら問題がないだろう。

 

Amazon Primeでの動画閲覧、音楽再生でも手放せないアイテムになること間違いなしだ。

 

アップルはゲームプラットフォームも発表しているため、ゲーム用の端末としてもかなり楽しめそうだ。

iPhone11 Proは間違い無く「買い」:まとめ

iPhone 11 Proの魅力について「買い」である理由を紹介した。

 

久々の独自性を発揮した最高に魅力的で個性的な端末であり、間違いなく「買い」のスマホだ。

 

各社デザインが似たりよったりでイマイチ微妙なスマホ市場だが、iPhone 11 Proは今最も選ぶべき端末の一つだ。

 

これからもアップルには恐れず先進的な製品を生み出してもらいたいものだ。

 

以上、スマホ大好きのりをでした。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




しょうかい

のりを

のりを

東京在住IT屋のりを。

様々な悲しみを乗り越えブログ村に流れ着いた過去を持つ。

自由気ままに、IT技術、ガジェットなんでもござれな記事を発信中。 [詳細]