Tokyo Chonmage Sushi blog - 東京ちょんまげ寿司ブログ -

東京在住エンジニアがあれこれ書く雑多ブログ。This is a blog written by an office worker in Tokyo.

新型iPod touch(第7世代)はサブ機にちょうど良い。私が欲しいと思う理由について。

calendar 投稿日:

新型iPod touchが出たということで、話題となっている。

 

かく言う私もiPod touchが欲しくて一度吟味してみたことがあるのだが、スペック的にどうも弱いということで見送っていたことがあったので、今回のマイナーアップデートには興味しんしんだ。

 

今回は、新型iPod touchの詳細について述べた後、私が欲しい理由と使いみちについて述べていこうと思う。

スポンサーリンク

新型iPod touchの詳細

一番安いiOSデバイスのiPod touchは今回のマイナーアップデートで第7世代目となる(第6世代の発売が2015年7月なので4年ぶり)。最新端末のスペックは以下のとおりだ。

 

  • A10チップ搭載(iPhone 7と同じ)
  • Apple Acade(100本以上の新作ゲームが独占配信)
  • イヤホンジャック搭載
  • 4インチRetinaディスプレイ
  • 8MP背面カメラ
  • 1.2MP前面カメラ
  • 802.11a/b/g/n/ac WiFi
  • Bluetooth 4.1
  • センサー:3軸ジャイロと加速度センサー(GPSは無し)
  • OSはiOS 12
  • ストレージ容量:32/128/256GB (それぞれ大体2万、3万、4万ほど)
  • 重量:88g

 

特に注目なのがA10チップ搭載となったことだろう。これはiPhone 7と同等のチップであり処理速度がかなり上がることが伺える。ただ、iPod touchは毎度ながらiPhoneよりかは性能が抑えられている傾向があるため、完全にiPhoneと同等ということは無いだろう。

 

それでも前の世代よりは確実に早くなっていると言える。重量も88gと軽量なのも嬉しい。

 

シルバーカラーがカッコイイ(参考:Apple HP)

欲しい理由は軽くて安くて使いやすいから

スマホもあるのに今更iPod touchを買う理由が中々見当たらないのだが、私が欲しいと思った理由の一つに軽いから、という理由がある。

 

というのも、私が普段利用している端末はGaraxy S8+という6.2インチ、173gとかなり巨大な端末だ。バッテリー容量が大きく、処理スピードも画面のデカさも申し分無く何でもこなす大艦巨砲主義的な端末なのである。

 

どうかね?私のGaraxyは美しいと思わんかね?

 

ところが、このデカイというのが曲者でとにかく重く指が疲れるため長時間片手で利用するとかなりの負担がかかりストレスなのだ。

 

そこでiPod touchである。重量はわず88gと軽いのだが、操作性はiOSのため抜群に良い(iPhoneと同じと考えて問題ない)。ラウジング、読書、動画閲覧など普段使いなら下手なAndroid端末を利用するよりも良いだろう。サブ端末として持っておくのも悪くないと考えたわけだ。値段も手頃なのもまた嬉しい。

 

Gyaraxy S8+が太刀とすると、iPod touchは小刀だ。

ゲーム専用端末としてもよさそう

一時期私は使用しなくなったiPhone 5をゲーム専用端末として使用していたことがある。主にやっていたのはドラクエだったが、なんら問題無くプレイできた。スペック的にiPhone5より優れているのは言うまでも無いため、ゲーム専用機としての用途にも最適だろう。

 

我が青春のゲームボーイ(出典:公式HP

 

ゲーム端末としてメイン端末と分けるメリットとしては、メイン端末のバッテリーの消費を抑えられることだろう(ゲームは以外とバッテリーの消費が激しい)。ゲームをダウンロードさえすればインターネットに接続せずに利用できるのでiPod touchでも問題ない。

 

Apple Arcadeというゲーム専用のプラットフォームを用意しているので併用すれば、現代のゲームボーイとも言うべき存在になりそうだ。ただ、GPSが搭載されていないのでポケモンGOをやることは余り期待しない方が良い。(一応出来なくはないが位置情報の感度がイマイチとなる)

 

因みに私はいつかゲームボーイミクロを所有したいと密かに考えている。特に以下のシルバーカラーだ。今ではプレミアが付いてしまって発売当時の4倍ほどの取引価格で売買されているので中々手が出ないのだ。今年の誕生日に自分へのご褒美で買ってもいいかもしれない。。。

 

 

サブ機として独立させることで通知のストレスから開放

スマホを利用して読書をよくするのだが、Lineなどの通知が気になって集中出来ないことがある。通知を切ってしまえば問題ないのだが一々面倒だし、すぐに通知に出れないとそれはそれでストレスとなる。

 

サブ機としてiPod touchであればネットから切り離すことができるし、用途を分けることでストレスが軽減できる。専用機として利用すればゲームや読書に専念できるようになる。

 

人間マルチタスクというのは想像以上にストレスが掛かるもので、できれば1つの物事に集中する方が効率が高くなる。読書をするにしても他に気が散らない様にすることが何よりも大切だろう。せっかく本の世界に浸っているところに電話がかかってきたら最悪である。

 

読書のみならずアマゾンプライムなどでダウンロードした動画を見たり、Kindleで落とした漫画、本を読む、ドラクエをやる。わずか2万円で購入できる割にはかなり夢が広がる。

GPS搭載SIMフリーモデルも欲しいところ

サブ機として完全に独立させるにはやはりSIMフリーモデルが欲しいところだ。ネットをつなぐのに常にメインのスマホのテザリングをオンにしておくのも面倒だからだ。

 

それに、メイン端末と独立してしまっていては単体で使用する時には外ではネットが使用出来ないという欠点がある。(wi-fiがあるカフェに行けば別だが)だが、逆に考えてネットに接続出来ないというのもネット利用しないゲーム(例えばドラクエやFFなど)や読書をするには上述したようにいいこともある。

最後に、専用端末として利用する用途に最適

サブ機と書いたが、ゲーム、読書、ダウンロードした動画の閲覧専用の端末としては最高の端末である。

 

いずれも長い時間手に持って使用する用途で軽量なiPod touchはうってつけだ。ネット接続も制限があるため通知を気にすることなく専念できるのも嬉しい。

 

少年のころ男子が憧れたなんでもできる現代のスーパーゲームボーイ、それがiPod touchだ。

 

ゲームボーイが大好きだったのりを少年の図

 

以上

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




しょうかい

のりを

のりを

東京在住IT屋のりを。

様々な悲しみを乗り越えブログ村に流れ着いた過去を持つ。

自由気ままに、IT技術、ガジェットなんでもござれな記事を発信中。 [詳細]